スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

耳なし芳一

ケロリン、久々の登場。
もちろん向こうのおうちで。
私がウサギくらいの大きさだったらこんな感じでケロリンとお話できるんだろうなあ・・・

これ、キッチンなんですけど、





「今夜のごはんは?」
「きゃべつとにんじんだわよ~」

「またかよー」
「なんかもんくあんの?」

「たまにはかわったものって?」
「じゃ、刻みきゃべつに、いちょうぎりのにんじんは?」

って具合に、崩壊の一途をたどりそうです・・・・



hinde1-2.jpg

こちら、日本ではコーヒーテーブルとかって呼ぶんでしょうか。

私はこのテーブルをフリマで見つけ、
徹底的にサンドで前の色を落とし、ジェッソで下地処理をし、
何度もベースを塗り重ね、
ペイントした後はばらばらにはずして、日本へ持ってきました~


って、もう15年位にはなるかな・・・
この上でコーヒーは飲みませんが、
母のコレクションとなっております。


hinde1.jpg

前に木靴のところで登場したHindeloopenという村の装飾画法の一つです。
いろいろな派があって、それぞれ一目でわかる独自のスタイルとなっています。

こういった伝統工芸は、どこ(の国)でもたいていは、マイスター、マエストロと呼ばれる職人さんによって受け継がれていて、ちょっとやそっとでは教えてもらうことはできないようです。でも、色々な手段、ルートで、習っている方は少なくはないようですね。

私は、弟子入りしたことも、免許皆伝されたことももちろんなく、
お教室へいったこともありません。

でも、世の中には、図書館には本というものがあり、博物館には本物というものがありますよね。
本には、技法について、色々と図案の起こし方が書いてありますし、本物の色は、博物館や村へ行くと実際に見ることができますから、そこから発展させれば自分で楽しむことはできそうです。
塗り絵タイプのものでなく、ストロークという、いわゆる筆さばきで描くものは、大好きです。

当然、どんどんと増え、今では、母のコレクションと化しています。
まあ、つまり、私のは門外不出。
うちから出ない分には問題はございません。(と、思う)


hinde1-3.jpg

また、いつか、別の、Hindeloopenスタイルを載せて見ましょ。
ここにはたんまりとありますから。


で、何で、このタイトルにしたかというと、
この画法、とにかく、隅々までありとあらゆるところへ唐草を絡ませ、
どんどん描きこんでいくところが、いつも芳一の話を思い出してしまうんです・・

って、私だけかな・・・きっと?

いつか、またこんなテーブルを見つけたら、
般若心教を描きこみたくなるかもです。

画像をどうひっくり返してもこのようにネッコロがってしまうので

なんと、いつの間にか、ちゃんと良い姿勢になっていたわ・・・(3月10日現在)


きっともうお休みのタイムかと、
私も今日は追及するのをやめましたので、(私も眠い!さっきあと一歩で公開できるところですっぱりと消えてしまった)横になってご覧ください。。。


hinde1-4.jpg

このように、センターの軸も隅々まで、
最後の画像は、一番下になる足の部分ですが、やはりここまで、描きこみます。
あ、ぐるりと後ろ側もね。

hinde1-5.jpg


ところどころグレーの石のように見えるのは、
マーブル(大理石)っぽくみせたフェイクです。
かっこよくいうとFaux Finish フォーフィニッシュ 擬似画法とでも?

Fauxのテクニックは面白いです。
これは、この伝統工芸と関係ないところで習ったことがあります。
楽しかったですよ。


目がくらくらときそうなので、明日は、あっさりとしたものを予定してます。

ところで、春色のバッグ、意外にたくさんの反響をいただいてしまいました~
出品しましたので、若草色のポシェットで検索してみてくださいね。
なお、画像は、同じ・・・です。(能がありません・・・)




芳一の話ししってるよ~ってポチ?


にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド雑貨へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ドールの日

3月になったらテンプレートを変えようと思っていたのに、
すっかり忘れて、アラ、もう3月はいってたのよね~

自分のテンプレートなんて当分作れそうにないから(永遠に無理かも)
毎月変えてみようかな?

といっているうちに、あと少しで3月3日。
夕べはどこか何かまずいボタンを押しちゃったのか、
エーーーー消えちゃった・・・・状態たっだので、
何とか今日中にアップしたいところであります。



お友達のところのお雛様、
ちゃっかり写真にいただいてきました~
やっぱりいいよね~
すばらしいお雛様です。
段飾りも私の訪問を待っていたかのように???
すばらしく場所をとってました・・・・

でも、かたづけ大変ネ。
ひめ’Sのためには早めにお片づけを~~

hina2.jpg

こんなかわいいお雛様も。
木目込みもとても素敵です~~
ホンワリとかわいい~~

lemi.jpg

彼女のうちのおニャンコ様~

1年に何回も会えないから、覚えていてくれるのか、
そのつどリセットされちゃっているのかわかんないんだけど
気品漂うお方です~~

寒いので、おこたがお気に入りのようです。



昨日のタイトルが怖くて遊びにこられなかった人いる?

かもしれないので、
今日は、お雛様ともまったく関係なく、
ほんのり、若者にも?受け入れられそうな??
素朴なウサギの小物です。

怖くないでしょ?

usa1.jpg

これ、一時期、結構作ったのですが、
ぬいぐるみ系は私には合わないと悟ったものでもあります。

本体を縫ってからひっくり返すのが大変。
角まできっちり出そうと目打ちでツンツンやっていると、
きまってブスッと穴が・・・

本体はシーチングのような綿生地で、
(あ、それ、IKEAの定番生地なんだけど、)
何回か、洗って糊を落として
(水通しなんて生易しいものでなく!)
ちょっと目を詰まらせてから使うんです。(私はね。ほかの人はどうだか??)

まあ、そもそも、こういうもののために売られている布ではないんですけどね。^^

このフレームはIKEA で調達。
軽くて、お手ごろで、こういうものにもぴったり。

細かい作業がいやっていったって、
そのパターンを作ったのは自分なんだから、文句の言いようがないのよ。
でも、あまりにも不向きだと悟った・・・

なのに、いつも女王様の日(Queen's day)には真っ先に売れちゃう。
友達のを見てきた女の子が泣きそうだったので、
来年はもっと持ってくるからね、なんてかーるく言っちゃったもんだから、
その後自分で自分の首を絞める年が続き・・・



usa2.jpg

私が楽しくかんじるのは、この、顔を描く時と、
頭のリボンをつけるとき。だけ。

もう、小物なんか、大変です。
アイディアはないし、同じじゃつまんないだろうし、、、
困ったときは、このほうき。

タッセルなんかと同じような作り方で。
でも、もたせるためのがめんど!

usa3.jpg

スカートだけでもいいのに、足まであるのは、
どうしてもスカートの下がどうなっているのか皆さん見たくて、
必ずチラッてご覧になるのよ~~  ><

胴体だけでは、胴体切断!?のように、怖そうなのです。
・・・ア、また、昨日の様に怖い話に・・・?

でも、ブルマやスパッツ、ペティコート、などなど大変でございます。
で、あんよをつけることにしたんだけど、
これまた、ちいちゃくて、それも2個だもんね、

こういうものは今の在庫?で終了でございます。
胴体が若干あまっておりますが、
私には完成させる気力がございません。

欲しい方ありますか・・・?

文字通り、裸の胴体のみ・・・です・・・
今度は別の方向へ行きそう???


おでかけ前にポチ・・・?
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド雑貨へ
にほんブログ村





しばらくはいちご三昧

今日、ショッピングセンターへ行ったら、
至るところ、ピンク、ピンク、ピンク・・・・

まあ、おひなまつりですからね~

ケーキのコーナーでは行列で・・・
みな、おうちでは作らないのね・・・
日本ってクリスマスにもケーキのために並ぶんだよね。

今日は、ピンクのケーキがいっぱいでしたよ。
ピンクのクリームっていまいち好きになれません。
やっぱり、私としてはクリームってクリーム色に限るのよ!

その中の食料品(いわゆるスーパー)
ピンクのパンや、ピンクの大福。
明日からは普通の色に戻るのかしら?
気になります。

私はやっぱりいちごでございます。
日本のいちごは粒もそろっていて芸術的ですね~~
大きさの選別が厳しいんでしょうね、
どれもほとんどクローンのようです。

もっと自然の大きさいろいろでもいいのに、
なんか、とても贅沢に思いました。

オランダのいちごって、いろんな大きさのがゴソっと
パックにはいっているだけで。
青いのやら、大きいのやら ちっこいのやら、
gさえよければOKみたいな。
最近のオランダで食べるいちご、
粒も大きくなっているし、甘いのも増えてきたように思います。
住みはじめた頃なんて、いちご、硬い・・・すっぱい・・・まずい・・・=買いたくないでしたから。
たいていはスペイン産ですね。オランダでいちご作ってるのかな?

日本の選別で分けられちゃったほうはどうなっているんだろう。
要らぬ心配ですが、あんなにきれいなのが必要なんだろうか。
もう少しお値打ちに普通のいちごがたらふく食べたい・・・

子供たちは、自然のいちごを知っているのかな?

思わず食べつくしてしまって画像がありません・・・ああ、おいしかった!!

それにしてもさむ~い一日でございました。

長い前置きの後は、画像で終わり・・・?




いちご柄の長財布です。
綿麻のかわいい布でした。
私には、かわいすぎ~~ですが、
私が使うのではないのでいいんです。




Lw1-2.jpg

中はコーヒーカップの模様+後は、表地に合う様な色使いの布2-3種類で。
コンセプト?
そんなものありません。
強いて言うなら、好きなものいろいろつめ放題のお財布???

いちご大好き、コーヒーカップ大好き。
じゃあ、いっしょにしてしまえ・・・

Lw1-3.jpg

後姿は至ってシンプル。
後ろポケットも欲しいっていう人いらっしゃいますが、
この布は布の柄をばっちり楽しめるようにあえて何もつけなかったんです。
ふと、中に入れたものを落とす心配もないし。
あ、それは私だけか・・・

この子は去年お嫁に行きました~~~
ちゃんと働いているのかな、いい子にしてるのかな・・・?
お金が飛んでいく財布なんていわれてないかな・・・
私に似ると飛んでいっちゃうんだよね・・・

Sw1.jpg

こちら、同じ布ですが、折り財布、いわゆる小型です。
お札は折って入れることになりますが、時には、横から入れるタイプも作るのですが、結構時間と手間がかかってその上厚くなるので、いまいちです。が、お好みとあらば、もちろんお受けしますよ~~~
でも、あと半年以降でないと。
今は、ほかのことがしたいのです。

Sw1-2.jpg

この子は、後ろポケットつきです。
表蓋の下側、後ろ側と、別の布を使ってます。
でも、うるさくないように色の数を抑えた計算で。(ホントとかい?)
いえ、私の口の数を抑えたというか・・・
抑えられません・・・・


今日の朝、お嫁に行けることになり、クロネコに連れられていきました~~

かわいがってもらうんだよ~~
出戻ってくるんじゃないよ~~
お金がたまる子といわれるように尽くすんだよ~

以上、いちご三昧な一日でした。


いちご好きな人は、ここへ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド雑貨へ
にほんブログ村

放置状態・・・

今日は長男Kevinの誕生日です。

出産の際、いつにしますか?ときかれ、
3月3日でもし男の子だったらかわいそうなので、
4日に~ということになって。

きっと男の子だと先生は知っていたんだろうな・・・

一応、お赤飯です~~~!!見てるかい?
お~~~い!!
手作りだよ~~
買ってきたパックをチ~~~ンじゃないよ~~





ってお赤飯ていつ写真にとってもなんかグロテスクでいややわ・・・


そういうものの、長男は遥か彼方~~にお住まいで。
今朝、ちゃっかりとお土産のリストをメールしてきよった・・・

放置状態であります・・・
そういえば去年も同じように放し飼いだったわ・・・

どうせ、鬼のいぬまにドンチャン騒ぎでしょ???

ママは
君の分のお赤飯とご馳走を君の分までしっかりと胃袋に~

ああ・・・これでまた体重計が遠のく~


Blk1-2.jpg

こんなファスナーポケットのあるバッグ、
モノトーンで作ってみました~~

Blk1-3.jpg

中に何かつめて写さないとよれよれ~なみすぼらしい形なんだね~~
ちょっとショック。
これはフラップをあけた正面。


Blk1-4.jpg

後ろ側っていうか、体側。
オープンポケットと、ファスナーポケットつき。
このオープンポケットが意外に使いやすく。


Blk1-5.jpg

なのに、このショルダーベルトが・・・・
つけば完成なのに・・・・

長い黒のレザーがなく・・・・


放置状態・・・・


Blk1.jpg

あと一歩で冬眠状態に入るのもトッカータ流です。

いったいいつまで寝かせたら熟成できるのか、
誰にもわかりません。

だって、本人さえ、
時々、作りかけのものがあちこちからわんさかでてきて
びっくりなんですから。。。

放置状態症候群はは永遠に治りませんです。


sakuramochi.jpg


でも、こういうものは、放置どころか、
たちどころに消化吸収の一途を。


おいしいです~~~

一緒に食べませんか?
こちらは放置せず、いつでも監視においでくださいませ~~


にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド雑貨へ
にほんブログ村



シンプルにあっさりと・・・

今日も寒い一日でした。

明日からは気温が上がるといっていたけれど・・・

今日はいっぱいやることがあるのですが、進みません・・・
もう、行動が・・・





今日はあっさりと画像ひとつで行きます。


これはリビングにかけてあるもので、7~8年前にこちらへもってきました。
フレームまで一緒に。
当時はそれほど機内持ち込みがうるさくなかったので、
何とか、ぎりぎり検査の機械も通してセーフでした。

いまだと、針金がだめとか、金具がだめとかいうんだろうな・・・

水彩はオランダで習いました。

その人の作品を見て、ずうずうしくも手紙まで出して、
レッスンをしてもらうことになった。

個人レッスンで、お茶を飲みながら、
おしゃべりしながら。

トールペイントとよばれるものはやっていたけど、
水彩は学校以来やったこともなく。



もう10年位前に半年間ほど、Goudaという町まで毎週通いました。
日本でゴーダチーズといえばわかりますね。
オランダ語のGはのどで出す音で、日本語で書くことは難しいです。
まあ、うがいして出す音・・・?
あえて書くならハウダ。

霧の深い日にいったときのことはいまだによく覚えていて、
車で走っていてもいったいどこがどうなっているのかわからないほど。
前に走る車に引き離されると、まるで、天国のよう・・・


ってまだ、行ったことないのに・・・・


自分ひとりが時間も空間も感じられない奇妙な意識になりました。


真っ白な世界というより、そこにいろいろな色が意識の中で感じられる世界。

水彩では、
白という色は使わない。

白は紙そのものの色。

つまり、一番明るい色は最後まで残しておくのだ。

濃い色は、一度に出してはいけない。
何度も何度も周りとのバランスを見ながら乾いたら重ね、乾いたら重ね・・・

白いものを表現するのはその白いものの陰を探し出すことから始まる。

かげには陰という字と影という字がある。

両方のかげをコントロール。

画法ではいろいろ込み入ったセオリーがあるのだろうけれど、
わたしはその人から、
ものを見るということを学んだ。
見て意識の中に出てくる色と戯れることが大事だと学んだ。

それは見たままの色でなく、
自分の中で消化する色なんだと知った。

同じものを描いても、けして同じ色にはならない。
昨日の絵は昨日の色、おとといの絵はおとといの色。


半年後、
あなたにはすべてを伝えたので、
もうわたしから学ぶことはない・・・
と告げられ、通うことはなくなってしまった。

彼女は病のため、療養するのだという手紙が来た。
その後しばらくするとクリスマスカードが途絶えた。

わたしは、途絶えてから3度目のクリスマスカードはもう出せなかった。

白の表現の中で、彼女が一番ほめてくれたモチーフを、
大きなアレンジにして額に入れたもの。

額装の仕方も教わった。

この白バラの数々は、スペインやオーストラリアにお嫁に行った・・・

母は
誰からも見える場所にかけてくれている。

取り替えるのが面倒なのかもしれないが、
ずっと定位置にある。



へ~水彩っていいね~~って思ったらポチ!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド雑貨へ
にほんブログ村
プロフィール

トッカータ

Author:トッカータ
布小物、革小物、カルトナージュ、トールペイント、水彩、音楽などなど、あちこち手を出し、足を突っ込み、鼻を利かせ、脳みそに鞭打ち、ふらふらと。
Promenadeは散歩道。・・・でもどこへいくのか本人にもわかりませんが・・・どうぞ、ご一緒に~

趣味でいろいろ作っていますが、現在、オランダ国内にての販売になります。(不定期)

カレンダー&アーカイブ(Tree)
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 
最新記事
最新コメント お気軽にどうぞ~
カテゴリ
Free area
にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ
にほんブログ村 にほんブログ村 クラシックブログ オーケストラへ
にほんブログ村 にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村
ランキング一応参加しています
お帰り前にはポチっとしてね
アクセスカウンター
ブログLink
お便りはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

淡々と百人一首
    鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ

    クリックでエサをあげられます

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。