スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

交換会について

juni 2012-23




こちらのテーマに関する詳細です。



今回、3点用意しました。

その1、カルトナージュものは、こちら日本に置いてありますが、もしかして家屋がつぶれていたら別のものにしますね。

その2、革ものは、こちら未使用ではありますが、極上の1級品の革を使っているわけではなく、端っこもあり、傷もありです。

その3、布ものは、こちら時期的には一番最近のものかな。

です。

記事が複数日にまたがっているのもありますので、
詳しく見たい方はその前後の日の記事を見てくださいね。


応募要領。

予告のとおり、
昨日の6月30日までに、一度でもコメントを下さったことのある方の中で興味のある方は参加いただけます。なので、これから初めてコメント書くよ~~っていう方はごめんなさい。です。また今度。


「今までにお越しいただいたことのある方どなたでも」
に変更します。ただし、はじめてきたよ、っていう方は自主的にご遠慮くださいね。

A.ニックネームでのお名前。
B.ご希望のもの。(上記3点の中からどれかひとつ)
C.私の記事で今までに印象に残っているもの。
D.その他メッセージがあればご自由にどうぞ。


上記3点のいずれか1点をお選びいただきますが、

ものにつきましては、まあ、私が製作者ですから、
どれもいつものように行き当たりばったり的な仕上がりです。
完成度はしれてますので、細かいことにこだわらない方を希望します。


応募は7月6日の日本時間の00時まで。7月7日の日本時間7時に交換いただく方を発表しますね。もし、万が一、ひょっとして、まさかの複数応募になりましたら、抽選です。


交換いただくものは、「現金と肉、魚などの生もの以外」は何でもかまいません。ハンドメイドにも限らず、お任せします。私のほうは、上記のお品のほかに、ここオランダのものを少しお付けします。私からのお品は8月上旬のお届けの予定です。(飛行機が落っこちたり、荷物紛失の際はごめんなさいよ~~~ず~~と更新がなかったら落ちたと思って~~!!)届いてから交換品をお送りいただいてかまいません。


応募は必ず、公開コメントでお願いします。
ただ、その際のお名前はニックネームで結構です。
ブログのあるなしは関係ありません。
交換が決まりましたときには、また、後日改めて、お届け先などを、鍵コメや、メールフォームでお知らせいただくことになります。あ、住所は地球上にある人でね。

交換のお品をブログに載せる、載せないも特に決めません。

ちょっと早めの夏祭り~~くらいで楽しんでいただけたら、と思います。

注意!「過度の期待は禁物です」


では、応募があればうれしいな・・・と。




にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド雑貨へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

世界で一番楽しく振る人

6月は、ラジオ(Radio4が私のお気に入り)で毎日のように話題になっているのがこの人。

なんといっても、

いま、

「世界で一番楽しく振る人」

といわれている指揮者のオランダ公演(6月28日)があるのだから。





ベネズエラの指揮者、
Gustavo Dudamel
http://www.gustavodudamel.com/


べネズエラからSimon Boliver Symphony Orchestra(YouthOrchestra)を連れて。
(今は、すでにスペイン公演中)

Jullianが今、最も敬愛する指揮者です。



もう、早々にチケットは完売。

こうなりゃTVで録画~~!!
と思ったら、TVライブなし・・・・ガーーーン!!

こうなりゃ、ラジオか・・・
ってON.録音用のテープないし・・・

もうラジオ聞き入っておりましたわよ・
そしてその夜、深夜にTVで放映。
でも、全プログラムではなくて、一部だけ。
でも、なんとか、録画できました。
(でも、それをディスクに移す方法がわからないからHD中のままだわね)


ベネズエラはお察しのとおり、いまだに貧困の差の大きな国。
国そのものも消して豊かではないところ。

音楽が好きで、
音楽でどんな層の子供にも夢を与えたいと進んでいる人。

Fighting poverty(貧しさとの戦い!)

TVでは、
彼にあこがれて音楽を体の一部として楽しんでいる子供たちが映されていた。たぶん、彼らのクラシックへの導入は楽譜からではなく、耳からだと明らかにわかる映像だった。音を聴くと自然に体が動く、という、ラテン独特の民族性も加わっているのだろうけれど、本当に楽しそうだ。貧民層の子供たちに無理やり教えるのではなく、学校から帰ったら(学校へも行けない子も多いらしい)楽器を持つのが楽しいっていってる。「練習しなきゃって思わないの?」っていう質問に、「弾くのが楽しい、音楽やってすごくなれたら、いろんなところへいける」って。屋外で練習するのも当たり前って。今回のオーケストラの団員も半分が貧困層からやってきたのメンバーとのこと。

世界で屈指のホールのひとつコンセルトヘボーでの公演はきっと彼らの人生の記憶の大きな部分に残るだろうし、「音楽は楽しい」と、また、後世に伝えていくんだろうなと思う。その上、今回の彼らのヨーロッパ公演はどこも最高級のホール。(スペインが最後かな)

オランダ公演には、プリンスアレクサンダー夫妻も同席され、プリンセスマキシマも笑顔がいっぱいだった。アンコールには会場にもベネズエラの旗が舞い、まるで、Dudamelの代名詞のような、「The WestsideStory」からのマンボが第2アンコールで登場。これがないとね!!(たぶん、YouTubeなどでいろいろ検索できると思います)

まだまだ本当に若いDudamel。31才。
今後のスケジュールには、もう向こう何年分も、世界最高峰の楽団との公演などがびっしりだそうだ。


先週年配のある有名指揮者が、(ラジオで)若い指揮者は若いだけ経験がない。譜面には見えない部分を伝えるには、音楽には人生の経験から出てくるもの(苦や悩み、)が大切だ。と、ちょっといやみなことを言っていた。

でも、楽譜を書いた本人もきっとお墓の中で、自分がどういう音楽にしたかったのかももう判らないと思う。本をよんだ感想が人それぞれによって違うように、演奏する人によって解釈がいろいろで当たり前。自分が伝えたいと思うものを伝えようとしていくのがアーティスト。それを育てていこうとする場所にめぐり合えたらそれが奇跡。その若さですでに自分の中に確立しつつあるビジョンがきっとそのベテランの指揮者には脅威にかんじるんだろうなと思う。いろいろな指揮者がいていいではないか。


あの状態でのベネズエラの子達(今回やってきていない、もっと小さな予備軍たち)は、きっとこれからものすごい力をつけると思う。(彼のオフィシャルサイトからいろいろ見られます)とにかく、想像以上のハングリー精神とモチベーションなのだから。楽器を手にするどころか、毎日の生活にも困る子達をサポートしつつも彼らの「やりたいこと」に手助けをする人々に思わず拍手です。サポートはお金だけではありません。子供たちを食べさせる人、寝る場所を提供する人、友達同士で練習しあう子達、、、お金だけ出してふんぞり返っているどこかとは違います。お金がない部分はボランティアで補う、助け合ってできるようになるんだ。って、もう泣けちゃいますね・・・今の日本のどこにそんな精神あるでしょうか?なんだか、ごく普通に日常生活にも喝を入れられた気がします。



練習が足りないだの、
進級試験に落ちるのだの、
暗譜ができていないだの、

恵まれた環境にいる子達こそが、もう一度自分と音楽との関係について見直してみる機会になりそうだ。いや、見直さないと、自分の中に音楽は育たないとも思う。

5人の若手指揮者に入っている彼の今後の活躍が楽しみです。
名前だけの年寄り指揮者に負けるな!


久しぶりに感動と元気をもらいました。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド雑貨へ
にほんブログ村



シェフJullian

毎晩イベント(コンサート)で土曜も23時過ぎのご帰還・・・


日曜なんて、いつ夜があけたのかも記憶にないくらいで。

ケロリンもけだるいこんな午後・・・・

kero 2012 17

私も眠くてだるくてだらだらな午後・・・

でも、今週は年度末最後の週で、それこそ、毎晩イベント続きなんです。
毎年ながら、この1週間に体力が必要・・・
それも、毎晩だからね・・・

Jullianたちは、もう授業は先週からからっきしなし。
(試験の後は何にもなし・・・)
教科書を随時返すだけ。
後は、進級かどうかの判定を待つだけ・・・

朝から晩まで音楽三昧。

そんな昨日の夕方、
Jullianが夕ご飯の支度をしてくれました。

まあ、買い物からしてくれるわけではないので、
(私同様、単なる思い付きと思われます・・・)
「冷蔵庫に何がある。。。?」

というので、

「見てみれば~~~」(気のないレスポンスの私・・・)


ということで、
なにやらシャカシャカ~~
いいにおいが漂ってきました~~^^

こちら、

j-cook 1

煎り卵
 
・・・といったら、
「スクランブルエッグだ!」と言い返された・・・

そ、そうですか・・・

Sambal(インドネシア系の辛味調味料です)入りでピリ辛・・・・
ビ、ビ、ビールください・・・

っていう感じのおつまみ的お味。



j-cook 2

そして続きましては、
これまた同じようなお色の・・・?

ですが、

Panga(淡水魚の一種、こちらでは最近ポピュラー)のソルトペッパー。

「買ったときの色とちゃうやん?」
ってシェフにお尋ねしましたら、

「タイフウピリ辛」でございます・・・と。(これもかい?)
タイフウ?

タイ風?
台風?

ま、いずれにしましてもピリ辛でした。

そう、一匙で、びゅ~~んとタイに飛んでいけそうなタイの調味料。
ラーメンに入れても、チャーハンに使っても、炒め物に使っても、、、

今度、我が家の辛味調味料をどど~~んとご披露しますわ・・・




j-cook 3

そして、私が無理やり頼んだ(??)エビサラダ。

サラダパック自体はお決まりのAH(Albert Heijn) のものだけど、
ここしばらく前にサラダパックすべてがほぼリニューアルして、
以前からあるエビサラダ(Garnaren salade) もドレッシングがぐんと和風味になって、これまたおいしいです。ちょっとここには見えないけれど、大粒の枝豆君(まあ大豆ですわね)が加わって、お気に入りですの。そのサラダパックに、もうひとつミックスサラダパックを足していただきまして、野菜たっぷり(Jullianがっくり・・・?)になりました。



これからは、男子もどんどん厨房を使っていただきますわよ。


ごちそうさまでした~~~

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド雑貨へ
にほんブログ村



試作中

ラベンダー、どこも、真っ盛り・・・

juli 2012-1

目にもよさそうなお色です・・・


では、本日2本目。

といっても、日本時間じゃ、もう日をまたいじゃっているけれどね。

tote 12 LB 2

さて、こちら。

この布も、以前の布市でゲットしたもの。
カルトナージュにもすでに使っているのだけど、
バッグには今回初めて。

ちょっとアンティークっぽいプリント。

緯度、経度のラインが、
布目に対してほぼフリーな感じなので、
はあ、つまり、簡単に言えば、あってないってことなんで、
バッグに使うには潔いあきらめが必要でした。

なんの?って、
やはり、布目に合わせるので、
ラインは並行に来るとは限らないって事ですわ。

tote 12 LB 3

前側にはいつものボックスプリーツポケット。

tote 12 LB 4

後ろ側は特になし。

あわせたレザーは、牛革で、クロコの型押し。
淡いベージュグレーの上品なお色です。
厚みも1mmくらいなので、ミシンでもサクサクいけます。

tote 12 LB 5

今回は、底を楕円にしたの。
さ、きっちり合うか?


tote 12 LB 1


内袋はペイズリーではないけれど、それによく似た感じのもの。
淡いピンクベージュ。
ちょっとシャリっとした質感。
仕様は、いつものポケットよ。

画像が多くなるので、またこの次ね。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド雑貨へ
にほんブログ村










完成と変更

連日QPゴールドのお世話になっております・・・

金曜まではこれで乗り切らなくっちゃ・・・
画像もたくさんたまってきているのだけど、
やる気と根性が足りない・・・


では、続き。

tote 12 LB 6

撮影が下手なので、
ブラウンの布がモアレになっちゃっているけれど、
普通に綿麻の普通織。ま、ちょっとざっくりした感じの。

これも、以前、布市で手に入れたものなんだけど、
定番ではなかったのかな、もう見ることもなくなっちゃいました。


バカンスにもぴったり?
世界地図~~!!!

tote 12 LB 7

後ろ側。

・・・も世界地図~~!!

でも、メリハリつけるために、
こちらは海たっぷりめ~~!!
(海の部分もポケットだよー)
そうね、私だったら、
やっぱり、海、といえば、地中海へ行きたいなあ・・・・

マルタの海の色も印象的だったなあ・・・
エーゲ海もいつも最高!
アドリア海もはずせない・・・

ここ?
ここは北海だから、色が・・・色が・・・
色がイマイチ、イマニ・・・
ここの海へは行きたいと思わないの。



tote 12 LB 11

サイドはこんな感じ。
今回とりあえず、試作タイプなので、
サイドは閉じてあります。
でも、ここに、ペンをさしたり、
スリムな折り畳み傘を入れたりできます。

次回からはここも大きめポケットに。

あまり、余裕はないので、
紐やチェーンとくっつけて、パスケースとか入れてもぴったりしていいかも。手を入れられなくて防犯にもいいかもね。底上げ式のポケットにして出し入れを楽にしようかとも思ったのだけど、ま、深いほうが安全ね。

ということで、表にポケットは6個。

tote 12 LB 8

内側。
いつものポケットたち。

tote 12 LB 9

ファスナーポケットもね。

これ、底の部分との境までたっぷり入ります。
(底上げしてないの!)
このトートは入れ口はオープンにしたけれど、
大事なもの用にファスナーポケット装備どす。

tote 12 LB 10

見えるかな?
ゴールド色のDカン。
鍵やパスなんか用。
紐やチェーンにつけておけば迷子防止。


そしてお知らせ。

おままでのカテゴリーをスパッとやめて、
(最近、雑貨作ってないし・・・)

にほんブログ村 クラシックブログ オーケストラへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ハンドメイドブログ ひとり手芸部へ
にほんブログ村

へ~~(なんか、このタイトルって、わびしさを感じない?)



こちらはそのまま~~


(ま、また、気が変わるかもね、いつものことよ・・・)


いずれにしましても、
QPゴールドに勝る栄養剤となりますよう・・・よろしく!





プロフィール

トッカータ

Author:トッカータ
布小物、革小物、カルトナージュ、トールペイント、水彩、音楽などなど、あちこち手を出し、足を突っ込み、鼻を利かせ、脳みそに鞭打ち、ふらふらと。
Promenadeは散歩道。・・・でもどこへいくのか本人にもわかりませんが・・・どうぞ、ご一緒に~

趣味でいろいろ作っていますが、現在、オランダ国内にての販売になります。(不定期)

カレンダー&アーカイブ(Tree)
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 
最新記事
最新コメント お気軽にどうぞ~
カテゴリ
Free area
にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ
にほんブログ村 にほんブログ村 クラシックブログ オーケストラへ
にほんブログ村 にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村
ランキング一応参加しています
お帰り前にはポチっとしてね
アクセスカウンター
ブログLink
お便りはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

淡々と百人一首
    鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ

    クリックでエサをあげられます

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。