スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Carpe Diem 2016 春の公演 4

2016-4-107.jpg

夕方の最終的なリハーサル休憩時。

2016-4-102.jpg

公演直前。
(画像は、公演両日のが混じってます・・・・私も、両日それぞれで着席位置が異なりましたので、撮影ポジションもいろいろで・・・)

2016-4-103.jpg

コンマスが立つとステム(チューニング)です。

2016-4-51.jpg

前半プログラムのBeethovenベートーベン終了後、
ソロパートを担当したJullianがブーケを頂きました。
渡してくださったのはアルト(ヴィオラ)のリーダー。事務局長も担当しています。

2016-4-48.jpg

後半プログラムのDvorakのCello Concerto(ドヴォルザークのチェロコンチェルト)。
ソリストはGodfried Hoogveen。
もうご隠居さんだけど、コンセルトヘボー元主席ソリストの経歴がある人。
私がいるこのオケは基本的に若いソリスト(20代ー30代)と共演します。
(これからの音楽家に演奏の機会を・・・というポリシー)
多くのアマチュアオケでの傾向でもあります。
そういう点では今回は今までの最年長ソリストだったかもです。

2016-4-106.jpg
2016-4-105.jpg

2016-4-109.jpg

公演二回目の日にはDirigentは必ず、お衣装をかえます・・・
初日はロングタキシード。そして、今回は、黒にシルバーのジレ(ヴェスト)。

2016-4-112.jpg

最終公演終了後、すぐに打ち上げ会場(階下)にいって「一杯」やるためです。
そのために着替えの時間をセーブ・・・・?

続きます・・・

スポンサーサイト

Carpe Diem 2016 春の公演 5

二回目公演(日曜)は マティネ。

2016-4-110.jpg
翌日に疲れが残らないよう?
翌日に二日酔いも残らないよう・・・笑

だって、最終公演終了後には、いつも、打ち上げが待ってます。。。から。
ベロンベロンになる人はいないけれど、
半数以上はアルコールいただきますからね。。。
そう、運転して帰る人もね。。。
普通にね・・・
つかまっても大丈夫なくらいのリミットで。。。

2016-4-111.jpg

二つ並んだセロ。
まあ、息子と並んで公演なんて、そうそうあるもんじゃないですわ。
以前にいたオケで2-3回あったかな。
いずれも助っ人のとき。。。

まあ、一緒に弾くのはこれが最後でしょう。

2016-4-52.jpg

さ、楽しい打ち上げ~
理事長さん(Fagot担当)が進めていきます。(ホンノ5分)
功労者賞・・・じゃないけど、
Dirigent,
Solistにプレゼント。
コーヒーマダム’sにもプレゼント。
Jullianにもプレゼント。
助っ人軍団にもプレゼント。
プレゼントは、重箱に入った金貨ではありません。
健全に、(?)ワインです。

お礼コーナーが終わるともう後はさらに飲んでしゃべるだけ~~

日本みたいな「乾杯」はありません。
理事長さんが立つころには、すでに皆さん「一杯」入ってます。
そう、自腹でね。
みんなそれぞれ、「自分の分は自分で。。。」です。
Dirigent(左)だって、Solist(右)だって、例外なく、容赦なく、自腹です。フフ


2016-4-113.jpg

この間に、会計担当の人は、
今回の謝礼に駆け回ります。
助っ人軍団には現金もしくは振込みが。。。
(ちゃんとサインが必要です)
Jullianもきっちり頂きました。(ようです・・・)

テーブルのおつまみは簡単。
チーズ、ハム、ナッツ。

公演あとの冷たいビールがおいしいです!


2016-4-53.jpg

Dirigent, Solist, Jullian,のコーナー。?

Solistは、Jullianにいろいろ聞いていたみたいです。
先生は誰?とか、
楽器は何?とか。。。
まあ、よくある質問ですが、、、
今回、たまたま、ベートーベンのソロパートを担当したのでね。
そして、Solistが来るまでは、Dvorakも代りに弾いていましたから。

Dirigentは、その後、Jullianに自分が振るコンサートツアー(オペラ。オケの中のセロ奏者として)へ同行するようにいってましたが、学校との調整が出来なかったので、今回はご遠慮することに。。。残念です。

2016-4-55.jpg
今回Jullianが頂いたブーケ。
ちょうど「私の日」直前でしたので、
自動的に私が頂きました。笑。
「いいタイミングでセーブできた!ハイ、あげる!!」
って、言ってましたが、、、

2016-4-104.jpg

コーヒーマダム’sとしていただいたチョコです。フフフ

3年生リサイタル 1

3年生からは、進級試験は、公開になります。
(通りすがりの人でも、誰でも見てOK)

3年生(3e jaar recital)リサイタルは、25分構成。
担当の先生ほか、審査員も。
そのつど、別室で協議があり、(その間の時間が結構長い・・・)
協議が済むと該当学生と面談?があり、
4年生は、公衆の面前で点数を口頭発表されますが、
3年生は、本人に直接の伝達。
(数字無しで、非常によい、無難、、、やり直しなどなど。。。)

いやあ、こっちの方が緊張しますわ。。。



この日、一緒にみたいというファンクラブのおばあちゃんを途中で拾って、(どっこいしょ・・・)前の人のリサイタルから見てました。

なので、そのまま直前リハーサルも会場内にチマッと・・・
いやあ、ちょっとおばあちゃんの足の都合もあって、
出るタイミングを逃したというか・・・
でもでなさいとも言われなかったので、そのままチマッとね・・・

ずーっと伴奏担当だったピアニストが最近病欠なので、
最近はこの人。。。スペイン人だったかな・・?
この人がセロの伴奏をほとんど引き受けています。
(たいてい同じ楽器での担当しますね)

2016-6-2.jpg

本番中は画像も撮れないので、
ラッキーだったかも。。。
まあ、本番中も練習中も変わりないので、撮っておきました。
一緒に行ったおばあちゃん、(マリアちゃんといいます)
練習終わったら拍手してたし、泣いてた・・・・ありゃ・・・・

「ネ、審査員はどこ?」
「マリアちゃん、本番はあと10分後なのよ」
「あら、これが本番でいいのに。泣けちゃったわ。あ、でも、涙とっとかなきゃね。」
って。。。

マリアばあちゃんは、私のハンドメイドのファンクラブ。
Jullianとはお初です。

2016-6-7.jpg

プログラムブックが見つかんない・・・・
みつかったらまた載せます。

こちらは、Jullianの担当の先生。
ルシアは、もう、10年近いかな。何年か前に公演で日本にも行ってます。
この学校に入ってからずっと。
ヤンイップは、上級生以上用の先生。
Jullianはこの先生からは今年で3年目かな。
今は、メインはヤンイップ先生で、8割くらい。
ほかにもJullianのセロの先生がいてそれぞれ担当が違うらしい。
不定期に海外から来る先生もいて、全部数えたら、わかんない。。。
審査員は、担当の先生のほかにもいるし、
もちろん審査員長は別。

この日はセロの試験がほぼ一日続いていたようです。

続きます。
プロフィール

Author:トッカータ
布小物、革小物、カルトナージュ、トールペイント、水彩、音楽などなど、あちこち手を出し、足を突っ込み、鼻を利かせ、脳みそに鞭打ち、ふらふらと。
Promenadeは散歩道。・・・でもどこへいくのか本人にもわかりませんが・・・どうぞ、ご一緒に~

趣味でいろいろ作っていますが、現在、オランダ国内にての販売になります。(不定期)

カレンダー&アーカイブ(Tree)
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

+ アーカイブ
 
最新記事
最新コメント お気軽にどうぞ~
カテゴリ
Free area
にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ
にほんブログ村 にほんブログ村 クラシックブログ オーケストラへ
にほんブログ村 にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村
ランキング一応参加しています
お帰り前にはポチっとしてね
アクセスカウンター
ブログLink
お便りはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

淡々と百人一首
    鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ

    クリックでエサをあげられます

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。