スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3年生リサイタル 2

2016-6-12.jpeg

プログラムはこちら。
表紙には、
2015年のPMFでお世話になった指揮者の一人、ジュン メルクル氏の言葉を載せていました。

音楽は、言葉や地図上の国境を越える。
そうして出来うる限りの友達を作ろう。
その友達のことを思い出せば、
この先何かあっても、平和の架け橋を築いていくのだ。

と。

(かなり縮小訳をしました、あしからず)

2016-6-11

Jullianのプログラムは、
Dvorakのチェロコンチェルト。1-2楽章
と、
Paganiniの1弦(A線)で弾くMosesのファンタジア

Dvorak(ドヴォルザーク)(こちらではドゥヴォージャクといいます)のは、私の入っているオケでも、スタンドインで弾いていました。リサイタルでは1-2楽章のみ。それも前奏の部分を大幅にカット。それでもすでに約22分。(オケで全楽章通すと40分超えます)
プログラム構成は、そのあと、ショパンのソナタと聞いていたのですが、
あらま、直前に曲目変更。
ショパンのソナタだと、時間的に、卒業生の最終試験の長さになっちゃうから、というのが理由らしいです。
ってなことで、先生が
なんと2週間前に、パガニーニに変更しちゃったらしいです。
2週間ですかい。。。。
わたしゃ、きいてませんでしたわ。。。(ま、関係ないけど)
それでも、9分ほどあるので、
全体に30分を十分超える内容でした。。。(ほんとは25分)

このパガニーニの曲は、
ヴァイオリンでは有名ですね。
チェロヴァージョンは珍しいです。

私も初めてです。

1弦だけで弾きます。
いろんな技法がはいっていて、ちょっとしたショーですね。


ホールでは、
私の入っているオケのメンバーが、
最前列にずらりと並んでました。。。。

いやあ、かぶりつきですかい!?

あとからJullianに聞いたら、
「いやあ、ステージに出たら知ってる顔がずらりと一番前に出ててびっくりしたよ」
って。。。
そう、セロ軍団や、Jullianファンクラブのおばちゃん'sがね。。。

私は上部席に。。。
そんな、かぶりつきになんて、わたしゃ、とても、とても、、、、
心臓が100個あっても足りませんわ。

続きます。。。
スポンサーサイト

3年生リサイタル 3



演奏が終わって、ホールを出ると、
しばらくはみんなでワイワイ、ガヤガヤ、、、

そしてJullianがでてくると、
キッスの嵐〜
知ってる人はもちろん、知らない人まで、ごった混ぜ〜

マリアばあちゃん、抱きついて泣いてました!

「このおばあちゃん、誰?」by Jullian。。。


2016-6-4.jpg


オケメン、何人かは、
キッスとともに、帰って行きましたが、
評価が出るまで、こうして残ってくれた人も。
先生とも話ができるので、盛り上がってました。

こちらでは、一般人でも、先生と普通に話ができます。

「うちのオケの大事なマスコットだよ!」
って、先生に言ってたオケメンも。。。

2016-6-5.jpg

芸能人か?
って感じ?
プレゼントまで頂いたりね。

あまりにも軍団が高齢で、
学生たちもタジタジ。。。

(ホールでは、学生たちは上部席にいました)

そうそう、
ここで、Jullianの隣の若者ですが。
彼はシリアからの戦争難民。
いろんな経緯があって、今、Jullianが彼にセロを教えています。
Jullianは、今5人に個人レッスンをしています。
そのうちの一人がこの青年。彼とは英語でのレッスン。

彼のレッスン費用は、とある財団がJullianに払ってくれています。

2016-6-6.jpg

ちょっと落ち着いたところで、
とりあえず、集合写真でも。。。?

一番左の女性が、その青年の生活の面倒を見ている人。
いわゆる「オランダでの保護者」役。
なかなかできることではありません。

彼女もまた、別の自治体での一般人用音楽校の関係者。
一緒に演奏を見にきてくれました。

続きます。。。

3年生リサイタル 4



今回頂いたものいろいろ。。。
2016-6-9.jpg

お花はいくついただいても嬉しいですね。
お部屋の中が素敵になります。


2016-6-10.jpg

若者たちの間では、
こうして、ドリンク類(アルコール系ね)っていうのが流行りのようです。
花より団子。。。系!

酒屋さんでは、ビール小瓶一本でも、
こうして綺麗に包んでくれますよ。
とくにこう、今の、試験シーズンでは、需要ありますからね。

この国では、
日本のお店のような、素敵なラッピングはないけれど、
シンプルで爽やかな、
実用的なラッピングはしてくれますね。

簡単ラッピングは基本、無料ですが、
それを袋に入れて、っていうと、
今年からはオランダ中、10セント別料金になりました。

いろんな人の試験に助っ人に行ってて、
毎晩遅いJullianです。

Bioscoop

この国に来て〇〇年。。。

はじめてBioscoopに行きました。
(Bioscoop=映画館)

それはどうしても見たいのがあったため。。。

大きなスクリーンで見たりすると、
たいてい気分が悪くなったりするので、
ほとんど映画館にはいきません。
最後に行ったのは、ボンボンたちが小さい頃、ポケモンに。。。

今回、ひょんなことで、とある映画が上映されていることを知ったのです。

2016-6-13

ネットで調べたら、住んでいる地域ではPatheグループ。
いくつかあるんですが、見たいフィルムはここ。Pathe Buitenhof.

外見はとてもクラシックな建物。
中は、凄くモダン!
いくつかのzaal(ホール)に分かれていました。
なんとね、
チケットは自販機で買わねばならんかったです。
それも支払いは銀行やクレジットなどのカードオンリー。
シートも、画面で入力して指定するんですね。。。
頑張ってゲットしました。。。

2016-6-14

中は、6ホールくらいあって、
私のは、小さめのホールでした。
予約やソルドになっていないあたりを狙ってシートを入れたんですが、ちょっと早くついちゃったんで、上演時間には、隣に人がきちゃいました。。。いやあ、みなさん、特大のポップコーンを持って入るんで、その匂いが、、、耐えられなかったです。隣のおっさんも食ってるし、後ろのネーチャン軍団もパリパリ食ってるし。。。

原作がこことかここに書いた本。(ここ)っていうところをそれぞれクリックすると、それぞれ、当時の記事に飛びます。
そっか、、、もう2年くらい前になるんだ。。。
イギリスではもっと前にベストセラーになってたみたいだけど、オランダ語版が出たのがその頃。私は、当時、オランダ語のそのぶっとい本を読破した〜〜
感動したなあ。。。

でも、まさか映画化になるとは思わなかった。
フェアで仲良くしてもらっている古本屋のおばちゃんが、
先週、
「これ、あーたが、すごい感動したっていうのじゃない?今上映してるみたいよ!」
って、新聞の広告欄を見せてくれたの。
そう、わたし、彼女に,
その原作者JoJo Moyerの本があったらキープしといて!って頼んであったの。

原作と映画ではかなり作風が変わることが多いけれど、
どうかな。。。?
って、かなり、ドキドキでした。

2時間分に濃縮されてたので、
本の内容全てではなかったけれど、
イメージ的には近かったです。
車椅子状態のWillは、映画のより、本ではもっと大変な状況な感じだったなあ。
主人公のLouisa(Lou)ルイーザのイメージも良かった〜〜。
コミカルな部分も想像通り。

事故で脊椎損傷後、絶望感の中で2年が過ぎ、自分で自分の命を後6ヶ月と決めてしまったWillに生きる希望をと、いろんな策で考え直してもらおうと頑張るLouisaだけど、Willの意思は変わらない。

わたしが読むのを躊躇していたスイスでの安楽死の部分では、
プラタナスの葉が一枚舞い落ちることで表現されていました。。。
本で文字を読むこととは異なり、
文字も音声もなく映像だけでもぐっときますね。。。

140席のホール、30人くらいだけだったかな。。。
ポップコーンの匂いにはめげたけど、空いてて良かった。
他のホールではFinding Doryとかにキッズがいっぱいきてましたね。

映画もいいけど、
やっぱり、本で読んだほうが、いいかなあ、。。

見に行ってきた映画館のリンク貼ってみます。こちら
見れるかな?

酷暑

この2ー3日、
急激に気温が上がって、とてつもない酷暑となっています。

一昨日は、31度。
昨日は33度。

2016-7-1

こんな感じ。。。。

ところにより、内陸地域では、
今日も35度近くになるらしい。。。

いやあ、日本の夏では、
さほどびっくりしないけれど、
今年は、今の時点でも、オランダにいる私には、
ちょっとびっくりです。。。

一般家庭ではまず、エアコンはありませんしね、
せいぜい扇風機。。。
それもないところが多い。
だって、せいぜい、1週間くらいしか使わないらしいから。。。

しかし、暑かったです。。。
先週まで、
一重のジャケットくらいは必要だったんです。
その前の週は雨がちだったし。。。

風と雨の中、スーパーへ行ったりしてたのに。

道行く人々は、もう、ほぼ裸状態。。。
誰も、紫外線対策なんて何?って感じ。
まあ、太陽が出れば外に出る人々ですからね。。。

こんな中、長袖で歩いている私は変に見えますね。
日本では普通な長い手袋もここでは変だからなし。
日傘もビーチ用以外ありえませんので、
しっかり塗装と、サングラス、長袖です。

2016-7-2

当然、こんなことになる。。。笑。。。

え?
冷蔵庫ちっちゃ。。。?

そうですね、、
ホテルの冷蔵庫ですからね。。。

2016-7-7

おつまみ。。。
2016-7-5

夏には、ワインよりやっぱりビールかな。。。
キリッと涼しく、冷めやすく。。。

2016-7-3

ホテルの部屋の壁紙。。。
牛さんが勢ぞろいで、、、
オランダっぽい〜!?
間接照明で夜中に浮かび上ってるのは、
結構ドッキリします。。。

2016-7-4

窓からは、カモさんたちも。。。
これは雨がすごかった頃の画像なんで、
水も濁ってていまいちですが、
何度か、こんな風景を見ました。。。

今日から、ちょっとは気温の上昇が穏やかになるようです。
プロフィール

トッカータ

Author:トッカータ
布小物、革小物、カルトナージュ、トールペイント、水彩、音楽などなど、あちこち手を出し、足を突っ込み、鼻を利かせ、脳みそに鞭打ち、ふらふらと。
Promenadeは散歩道。・・・でもどこへいくのか本人にもわかりませんが・・・どうぞ、ご一緒に~

趣味でいろいろ作っていますが、現在、オランダ国内にての販売になります。(不定期)

カレンダー&アーカイブ(Tree)
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

+ アーカイブ
 
最新記事
最新コメント お気軽にどうぞ~
カテゴリ
Free area
にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ
にほんブログ村 にほんブログ村 クラシックブログ オーケストラへ
にほんブログ村 にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村
ランキング一応参加しています
お帰り前にはポチっとしてね
アクセスカウンター
ブログLink
お便りはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

淡々と百人一首
    鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ

    クリックでエサをあげられます

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。