スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Watermusic

G.F.Handel(ヘンデル)作曲

水上の音楽


ヘンデルは、ドイツの人ですが、
イギリスの国王(ジョージ2世)に気に入られて
ずっとイギリスに住むことになって
結局イギリスにお墓があるというひと。

前回紹介したCello Suites のバッハ(J.S.Bach,,,Bach という苗字の人、、、つまり、子孫なんだけど、いっぱいなのでJ,S,とあえてつけますね)
は、ドイツを出なかったというから、対照的。 

そう、そう、ヘンデル、ってあのハ~レルヤ!!を書いた人です。



雨がちなこの時期に合えて水に関するタイトルの曲を選ぶなんて、
もう湿気ムンムン?

きっと池の周りなんかで演奏会をしたのでしょうけど、
大体、湿気は弦楽器によくないのだから、
ヘンデルさん、きっと弦楽器奏者から文句のひとつも言われたんじゃないかと
要らぬ心配かもです・・・

この曲には、
Orchestral Suiteオーケストラのための組曲とサブタイトルもついているので、
弦だけでなく、管もたくさん出番があります。
ホルンが結構効いてますね。

Suite

そう、短い曲がいくつか合わさってひとつになってます。

おすすめは、
1番はじめのと、最後6番目かな

6番目のなんか、
ああ~~~聞いたことある~~って思うよ。
「水上の音楽」って言うとたいていこれを思い浮かべるから・・・

余裕があったら、途中の2~5も聴いてみて下さい。

雨の多いイギリスだけど、
明るい感じの曲が多いヘンデルさんです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私はずっとイギリス人かと思っていました。
かたくなに、絶対そうだというのではなく、ホワンと、なんとなく・・・

今度よく聞いてみますね。

クラシックはいいよね〜

今年のお正月に、ひっさしぶりに洋楽、LADY GAGA を買いました。
はやってるね〜
娘のお気に入りになりました。

ねこやすみ丸吉商店さんへ~

イギリスでも、イギリス人だと思っている人多いみたい。
イギリスはドイツやイタリアみたいに、有名な作曲家がホイホイとはいなかったので、貴重な存在だったらしいよ。パーセル、エルガー、ブリテン、私も、このくらいしか知らないし・・・

国王に気に入られていたから、生活の悩みなく活動ができたんですね。ええなあ・・・

GAGAのスタイルがうらやましいを通り越してウラメシ~~
いい曲は何年たっても流れてくるね。
MCなし(喋りがないのもお気に入り!)のポップス系ラジオ局 SKYRADIOでは、思いもかけない曲が流れたりして、懐かしくなるよ~~
プロフィール

トッカータ

Author:トッカータ
布小物、革小物、カルトナージュ、トールペイント、水彩、音楽などなど、あちこち手を出し、足を突っ込み、鼻を利かせ、脳みそに鞭打ち、ふらふらと。
Promenadeは散歩道。・・・でもどこへいくのか本人にもわかりませんが・・・どうぞ、ご一緒に~

趣味でいろいろ作っていますが、現在、オランダ国内にての販売になります。(不定期)

カレンダー&アーカイブ(Tree)
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 
最新記事
最新コメント お気軽にどうぞ~
カテゴリ
Free area
にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ
にほんブログ村 にほんブログ村 クラシックブログ オーケストラへ
にほんブログ村 にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村
ランキング一応参加しています
お帰り前にはポチっとしてね
アクセスカウンター
ブログLink
お便りはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

淡々と百人一首
    鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ

    クリックでエサをあげられます

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。