スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3年生リサイタル 2

2016-6-12.jpeg

プログラムはこちら。
表紙には、
2015年のPMFでお世話になった指揮者の一人、ジュン メルクル氏の言葉を載せていました。

音楽は、言葉や地図上の国境を越える。
そうして出来うる限りの友達を作ろう。
その友達のことを思い出せば、
この先何かあっても、平和の架け橋を築いていくのだ。

と。

(かなり縮小訳をしました、あしからず)

2016-6-11

Jullianのプログラムは、
Dvorakのチェロコンチェルト。1-2楽章
と、
Paganiniの1弦(A線)で弾くMosesのファンタジア

Dvorak(ドヴォルザーク)(こちらではドゥヴォージャクといいます)のは、私の入っているオケでも、スタンドインで弾いていました。リサイタルでは1-2楽章のみ。それも前奏の部分を大幅にカット。それでもすでに約22分。(オケで全楽章通すと40分超えます)
プログラム構成は、そのあと、ショパンのソナタと聞いていたのですが、
あらま、直前に曲目変更。
ショパンのソナタだと、時間的に、卒業生の最終試験の長さになっちゃうから、というのが理由らしいです。
ってなことで、先生が
なんと2週間前に、パガニーニに変更しちゃったらしいです。
2週間ですかい。。。。
わたしゃ、きいてませんでしたわ。。。(ま、関係ないけど)
それでも、9分ほどあるので、
全体に30分を十分超える内容でした。。。(ほんとは25分)

このパガニーニの曲は、
ヴァイオリンでは有名ですね。
チェロヴァージョンは珍しいです。

私も初めてです。

1弦だけで弾きます。
いろんな技法がはいっていて、ちょっとしたショーですね。


ホールでは、
私の入っているオケのメンバーが、
最前列にずらりと並んでました。。。。

いやあ、かぶりつきですかい!?

あとからJullianに聞いたら、
「いやあ、ステージに出たら知ってる顔がずらりと一番前に出ててびっくりしたよ」
って。。。
そう、セロ軍団や、Jullianファンクラブのおばちゃん'sがね。。。

私は上部席に。。。
そんな、かぶりつきになんて、わたしゃ、とても、とても、、、、
心臓が100個あっても足りませんわ。

続きます。。。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トッカータ

Author:トッカータ
布小物、革小物、カルトナージュ、トールペイント、水彩、音楽などなど、あちこち手を出し、足を突っ込み、鼻を利かせ、脳みそに鞭打ち、ふらふらと。
Promenadeは散歩道。・・・でもどこへいくのか本人にもわかりませんが・・・どうぞ、ご一緒に~

趣味でいろいろ作っていますが、現在、オランダ国内にての販売になります。(不定期)

カレンダー&アーカイブ(Tree)
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 
最新記事
最新コメント お気軽にどうぞ~
カテゴリ
Free area
にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ
にほんブログ村 にほんブログ村 クラシックブログ オーケストラへ
にほんブログ村 にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村
ランキング一応参加しています
お帰り前にはポチっとしてね
アクセスカウンター
ブログLink
お便りはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

淡々と百人一首
    鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ

    クリックでエサをあげられます

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。