スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱりわからない

教育の分野も永遠の問題ですよね。


いろいろな方からコメントいただきましたが お返事をすると一つ一つが長くなりそうなので
まとめた形でこちら。

ねこやすみさんからいただいたコメントを引用させてもらいますね。




先日聞いた幼稚園の話・・・
とってもリベラル(ワイルドとも言う)が売りの幼稚園。
一人、重度のアレルギー疾患の男の子がいて、今までも色々トラブルがあったらしい。
で、幼稚園お泊まり会の時にその日の夜、次の朝は幼稚園の敷地内で食べることに。

で、その子はみんなと同じ物を食べれないので親が持って行く。
これはいいと思うんだけど、他のこが欲しがるとの理由で、同じに見えるメニューを持って来いとのこと・・・

ハンバーグ(これは何とかなりそう)カレー(何ともならなそう)ソーセージ(ソーセージマシーンを購入し対応)

教育の場で、みんなと一緒にしないと行けないって言うのはどうなんだろう・・・?
努力しても直らない事だし、むしろ、人と違ったっていいんだよ、いいことなんだよって、まだ何にも偏見がないこどもの時に教えて欲しいな〜って、かなりがっかりしました。

日本の義務教育は入ったら卒業できますが、みんなと同じじゃないといけない・・・。

結構はみ出して(学習障害とか、発達障害とか・・・)不登校、引きこもりの子供が結構いますよ。



鍵コメントではなかったので一部抜いてほぼそのまま使わせていただきました。

ねこやすみさん、事前に聞かなくてごめんなさいね。




幼稚園のその話もちょっと???な感じがします。
その一人の子に合わせて似たようなお弁当というのはいったいどういうことなのでしょうね。
もう既にその年齢から同じようにという流れをさせているように思えますよね。

これ、何度も続けば、きっとほかの親さんから、
その子に対してかえって嫌悪感(面倒だな・・・うちの子まで・・)や、特別なの?といった気にしなくてもすむことを気にしてマイナスになるようなきまします。たかが私の考えですけどね。

いろいろな生活の背景があって、いろいろな子がいて、その中で理解していくという方向へ行けるように導かないと、少数な子のある部分にみんながあわせなきゃいけないというのが重荷になったら元も子もないと思うんですが。

みんなでひとつのことを成し遂げる、ということはこのこととはまったく別問題で、
それは個々の部分をみんなでひとつにする、ということ。これは前にも書いたことがあるけれど、ここをひとつにして達成感をえる喜びを分け合うこと。これは今回別のこととします。

個々のさまざまな要素はならして平らにする必要はないと思います。
日本での平等教育というのは、どこか、いつの間にか、平均というのを作っていて、そこからどの方向にしても目立ってくると嫌われたり、阻害されたりする傾向があるように思います。

といって、私自身は日本以外での教育を受けたわけではなけく、まさに、平等教育のまっさなかですごしてきたんですけどね。。。

試験(テスト)問題の多くは、論述式ではなく、カッコに当てはめる、とか、年代を入れる、単語を覚える、計算を(早く)する、公式を覚える、部所の名前を覚える(理科など)、などなど、採点側が迷わないで採点できるものが多いように思います。

なんだか、

答えが明らかなもの。これでもありだよね、これも考えられるよね、ではだめなのでしょう。
答えはひとつ、でないと。

を子供も教育者も目指した内容で個人の評価をしているように思えます。

まあ、一クラスに10人、20人というオランダの事情とは違い、日本では25~35人くらい?(私の時代は40人を超えていたことも)であれば、採点しやすい方向に持っていくのは仕方のないことですけどね。

今の日本の学校の内容を知らない私がああだこうだというのは不摂生だと思いますが、
まあ、その頃から、はみ出しそうな場合には軌道修正というのがありましたね。道徳的に、倫理的にはみ出すような恐れがある場合はこの軌道修正は必要ですが、そうでない部分での画一化はこの先もっとマイナス面が出るのではないかと思います。

みんなを同じに見ようとするのではなくて、
それぞれを一つ一つの姿として、
それもありだね、とか、では、これはどうだろう、とか、
見方を変えるような、それぞれを認めるような姿勢を小さいうちから方向付けていくことも大切な気がします。

何を偉そうな、ということではないんですよ。

うちのボンボンたちはどちらも異邦人(邦=日本という意味ではなく、ま、その地=うちの場合はオランダ=に先祖代々の家族がいるのではない、という意味で捉えてください))としてすごしてきました。私を含め、彼らの小学校時代というのは本当に馬鹿じゃないの?あほでしょ?っていわれる日々でしたから。。。まあ、言葉のハンデから来ていましたからね。

学校の校長からは、3ヶ月でみな、言葉を覚えます。
半年しても理解していないお宅の子は障害があるのではないですか?

ともろにいわれました。(何の障害じゃ?いってみろや、ああ、いってみな!)

毎週毎週、担任の先生からは、文句こそ言われることはあれど、
算数以外ほめられることはなかったし。ほめるんじゃないのよ、
あ、算数だけはできるんですねって。
あ、文句は親に言われます。
だって、毎朝、教室の中まで、送り届けるのが通常なんですから・・・

コーヒー片手に朝から携帯でしゃべりながら教室にいるような生意気な態度の先生にさえ偉そうにいびられるんですよ。

ブロンドの親たちからは、
香港に帰れば?

って何度もいわれ・・・

ええ、香港ですのよ、香港!!!!香港!6年、7年通ってまだ香港かい!なのに。。。だともいわれ続けたし。


オマケに、オランダの学校の校長からは
日本語補修校へ行くなといわれ、
(確かに行っていてもお客さん状態でしたし、家計も苦しいのですが)

そうこうしているうちに日本語補修校からは、

親が馬鹿だから

と面と向かっていわれ、



私、口をつぐみました。

私が不登校に。

学問では何の問題も挫折もなく(ごめんなさいよ、でもホント)来た私の人生最大の挫折がオランダの学校。オランダ語の学校じゃないよ、ボンボンたちの学校。
私のブログでこの放し飼い教育がちょっと素敵に理解されてしまっている方々のために一応お伝えしておいたほうがいいかなって思って。

まあ、ボンボンたちがナンシーちゃんやちょんべいくん(リンクのここらでちょっとひとやすみの主人公のご子息)の半分でもましだったらいやはやルンルンに書ける所なんですけどね、

だから、

どちらがよいのか・・・は
わかりません。



追記・・・
お弁当のことで一言書きたい。次回のテーマはお弁当

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド雑貨へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おお〜〜 ★
有名人になった気分!!

この問題は深くて重いですね。
私はリベラルに育ち(なんせ両親が筋金入りのリベラル人!!)、色んな事に偏見もなく(区別はしますが・・・反対かな?)超〜〜前向きと嫌みを言われたりしますが、そうでない人は結構大変そう・・・
特に自分の子供の事に関してはね。

何たって日本の主婦の価値観、自分の位置(地位とも言う)は、旦那の会社名、役職、子供の成績、さかのぼっては旦那の最終学歴・・・

すごいよね〜〜

長男の小学校時代に、違うクラスでの母向けのアンケートに、自分の最終学歴(学校名)、旦那の最終学歴(学校名)、旦那の職業を書く欄があったて!!!
アンケートを希望した母は、旦那が医者で、おつきあいをする人を物色していたって言う噂・・・

色々主婦はたまってんのかな〜

政治が悪い!!!

ええい、面倒くさい!!
次ぎ、出馬する????

No title

オランダでお子さんもトッカータさんも大変な思いをされ
考え、思い、ここまで来られたんですね。
頭が下がりますm(_ _)m
私は日本人で日本育ちなのに日本語も難しいと思っているから
若いときは会話も本を読むのも苦手でした。
今はおばちゃんになったので少し成長し、会話も本も大丈夫♪
得意ではないですが(^^;)
おばちゃんパワー強し!!

ねこやすみさんへ~

ややや  アンケート、すごいですね~
そっか~お仲間を探すためか・・・
すごいマダムがいるのね~

まあ、オランダでも、だんなの格付け、子供のストリーム(何科、何年)をまず聞いてくる人多いよ。
前にも記事に書いたけど、うんざり。

日本は、どこの学校?どこの会社?ですよね。

こういう興味は人類がある限り・・・なんだろうね。

ねこやすみさんの早期の出馬お願いします!
旗もって走りますから、わたし。

rikoさんへ~

私はもう、いろいろなことが、間違いだったし、失敗したし、後悔ばかりなので、悟りの境地にどんどん近づいてます。でも、今、まだ、義務教育真っ最中のお子さんをお持ちの方には、後悔しない様な方向付けをお子さんにして欲しいなと思っています。特に、いろいろな子がいていろいろな考えがあるということを確信して欲しいし、それをベースに伸びていってくれれば、少なくとも、絶対、いじめはなくなると思います。オランダでもいじめはないわけではありませんが、少なくとも放し飼い状態の今のボンボンたちの学校では見当たらないみたい。それだけが救いかな。学校へ行くのは私ではないので、私はなんとでもなるから。

> おばちゃんパワー強し!!

おばちゃんになれば、何でもできるかも。
ラーメン屋さんにも入れたし。。。??

問題投機してね!
みんなでいろいろ考えていこうよ。
文字にして吐くことも時にはいいでしょ?
プロフィール

トッカータ

Author:トッカータ
布小物、革小物、カルトナージュ、トールペイント、水彩、音楽などなど、あちこち手を出し、足を突っ込み、鼻を利かせ、脳みそに鞭打ち、ふらふらと。
Promenadeは散歩道。・・・でもどこへいくのか本人にもわかりませんが・・・どうぞ、ご一緒に~

趣味でいろいろ作っていますが、現在、オランダ国内にての販売になります。(不定期)

カレンダー&アーカイブ(Tree)
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 
最新記事
最新コメント お気軽にどうぞ~
カテゴリ
Free area
にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ
にほんブログ村 にほんブログ村 クラシックブログ オーケストラへ
にほんブログ村 にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村
ランキング一応参加しています
お帰り前にはポチっとしてね
アクセスカウンター
ブログLink
お便りはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

淡々と百人一首
    鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ

    クリックでエサをあげられます

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。