スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Flower duet

声楽科つぎの最終学年生の最終試験コンサート。

Bernadett 4

これ、プログラム。

所狭しと貼られたポスターの中でも、彼女のポスターだけがこうして立体なので、目立っていたよ。(もちろんもっとでかい)
ポスターやプログラムにも個性が出るね。
試験そのものだけでなく、
こうしたPR面も大事です。

Bernadett 5

ピアノとの独唱のほか、
こうしてハープとか、

Bernadett 6

デュエットとかも。

ハイドン、フォレ、ラフマニノフ、モーツアルトなどなど。。

そのなかで、わたしが一番気に入ったのは、
このデュエットかな。

DelibesのFlower duet from Lakméたとえば、こちら


これを聞くと、反射的に、私は、

MR.BEAN

を思い出す・・・・


Bernadett 9

最後は、

MozartのExsultate,Jubilate

10人ほどの編成です。
指揮は、

Jullian

Bernadett 10

なんと練習したのは、2回。。。

このメンバー、
試験直前に、彼女が集めたらしい。。。

もう少し早くから用意しないとね。。。

この時期、試験が多くて、ほいほいと組めない状態。
みんな誰かの手伝っているから、
練習もままならず。。。
そこらじゅうかき集めたらしいよ。。。

ンで、いざとなったら指揮が足りない・・・・とか・・・

3楽章あったので、そりゃあ大変だったでしょうね。
(2楽章目は管はお休みです。。)


Bernadett 11

終了です。。。

はじめの方のハイドンとかは、
危なかったけれど、
その後持ち直してどんどんよくなっていきました。


Bernadett 2

終了後のFoyerです。
ウェディングのお色直しかと思っちゃうわね。

エー、と、彼女は、
チェコかハンガリーだったと思う。
もう結婚しているらしい、、、
(んで、どれがだんなさんなん・・・?)

そうそう、そういえば、学院の中、
ベビーカーを押しながら、楽器を担いでいる人もいるからね。
さっきのモーツアルトで共演していたオーボエのおじちゃんも、
入ったばかりの学生さん。
日本とはずいぶん雰囲気が違うでしょ?

歩いていても、どれが先生でどれが生徒かわかりませんわ。
有名な先生、といっても、
日本みたいに、かばん持ちの人がいるわけでもなく、
先生専用の個室があるわけでもなく、
ひざのすれたズボンはいていたり、
スーパーの袋提げてたり、、、。
先生と生徒でも、「ホイ!」っていう挨拶ですからね。。。


卒業点越えました。
おめでとう~~~
お国に帰るのかな・・・?

にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トッカータ

Author:トッカータ
布小物、革小物、カルトナージュ、トールペイント、水彩、音楽などなど、あちこち手を出し、足を突っ込み、鼻を利かせ、脳みそに鞭打ち、ふらふらと。
Promenadeは散歩道。・・・でもどこへいくのか本人にもわかりませんが・・・どうぞ、ご一緒に~

趣味でいろいろ作っていますが、現在、オランダ国内にての販売になります。(不定期)

カレンダー&アーカイブ(Tree)
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 
最新記事
最新コメント お気軽にどうぞ~
カテゴリ
Free area
にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ
にほんブログ村 にほんブログ村 クラシックブログ オーケストラへ
にほんブログ村 にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村
ランキング一応参加しています
お帰り前にはポチっとしてね
アクセスカウンター
ブログLink
お便りはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

淡々と百人一首
    鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ

    クリックでエサをあげられます

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。