スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Rose in blue その後

久しぶりに朝から晴れ渡っています。
秋のような感じです。

ここでは、冷房はほんの数日あれば、、、っていう感じだけど、
何もしないでいると、
ホテルのエアコン、自動的に暖房モードになってたりする。。。笑

暖房モードになってても、暖かくはなってないけど。


2016-8-1

アクリル絵の具は、乾くと、トーンがさらに落ちるので、
しばらくしてから、もう少し色を加えてみた。

ま、これでも、画像よりはもう少しトーンは低め。
でも、前のより、少しメリハリが出たかな。

2016-8-2

次は、同じシリーズ?で、
少しパープル系に。。。

相変わらず、色が出ませんが。。。
実物は結構パープル系です。

ブルー〜パープルは、
好きな色なので、よほどのリクエストがない限り、
この系統での「ブツ」がどんどん生まれます。。。汗。。

2016-8-3

とりあえず、ふたつ。。。

どちらも使用したのは6色だけ。
ブルーの絵の具がめちゃ減った。。。
さて、次からは別のトーンにするかな。。。
絵の具を買いに行くのも面倒なので。。。

Rose in blue

久しぶりに筆を持ってみた。。。

何年ぶりかな〜

展示の依頼があったり、
販売のリクエストもあったんだけど、
ここ何年かは、ちょっと筆を持つ気になれなくて、
空いている時間はほぼ布やミシリンたちと過ごしてきたんだけどねー。

ホテルで過ごしている時間の中で、
ちょっと材料を調達してきた。
近くに画材屋がないので、たいしたものは準備できないので、
まあ、ウォーミングアップという感じかな。

部屋に匂いも残らないアクリルペイントを使用。
乾きも早いので、重ね塗りも早い。
部屋の電気は暗いので、昼間だけね。。。

2016-7-18


今日はここまで。。。

実物はもっとトーンが低いのだけど、
撮影の腕も良くないので、うまく色が出ないね。汗

一気に行けるかなあ。。。
その気にならないと、また、しばらく、もしくは無期限にお蔵に。。。?

モダンオペラ

いろんな事情で、なかなか記事もかけないでおります。
画像は溜まってきているけれど、、、

酷暑週間(?)終わりました〜
およそ一週間、クソ暑かったですが、
このところは20ー23度で落ち着いています。
お天気もそれなりに曇りがち。

2016-7-13

オペラは、言語やストーリーがわからないとなかなか楽しむことができないんですが、ちょっと変わったオペラを見に行ってきました。6月中旬だったかな。。。
ワールドプルミエール(初演)です。

タイトルは ALL RISE

2016-7-12

公演場所は、
以前にも書いたと思うのだけど、ここ。

2016-7-10

どの画像も、サイトからお借りしてます。
実は、1920年頃から、健康促進の目的で作られたプールだったところ。
お風呂もあったとのことで、健康ランドの走りみたいな感じ?
まだまだ、女性がプールへ行くということもなかった頃のプールです。当時からの歴史的な写真も展示してあって、行くたびに興味深いところです。そうそう、当初、女性、男性、別のプールだったり。。
その後改装を重ねてきましたが、経費がかかるとのことで、
一旦閉鎖になったものの、取り壊すのにも費用がかかる。。。でも、なんとか残して行きたいと住民からの要望で、いろいろな財団の援助により、1995年頃から、別の形で復活。
今では、劇場になっています。

メインホールは、こちら。
プールだったときの斜めの水底を、生かしてあります。
ステージとの間がこの画像では空いていますが、
普通に続きになっています。

幾つかあったプールは、バーになったり、小ホールになったりしています。

2016-7-17

こちらもサイトからの画像ですが、
外観です。ほぼ当時のまま。
中も、アールデコの素敵な雰囲気が残されています。

カメラのバッテリーがなくて、、、、
まあ、またこれからも行くと思うので、次の機会にでも。

2016-7-15

こちらが今回のオペラの作曲者。
Jan-Peter de Graaff
まだ二十代ですが、もうかなりいろいろな分野に出ています。

今回のは、ポリティック系(政治、議会)の内容。
Yuri Robbersの作品に基づいてます。
いろんな言語が出ますが、
すべてスクリーンで文字で出るので楽です。
(オランダ語訳、英訳もあり)

ちょっとコミカルで、とりとめなく続く議会の風刺とかもあって、スケベな笑い所もあり、寝てる暇なかった〜。
あらゆる方向も使い、衣装もモダンで、見ていても楽しめました。

2016-7-14

こちらが、指揮者。
Andrea Gasperin
初演ものは難しいでしょうね〜
弾く方も、まとめる方も。。。
なんせ、参考にするものはなく、
全ては、作曲者の意図を汲み取って表現していかなければならないですから。

2016-7-11

幕間。
休憩時間に今回携わったメンバーがみんなで写真を撮っていたので、私も撮りました。
演奏(オケ)の方は、20人くらいかな。。。
各楽器一人づつ。(責任重大ね。。。)

楽曲自体もモダンなので、リズムとか、テンポとか難しそうです。

歌い手は8人だったかな。

2016-7-16

演奏者は作曲者が、直接依頼するようです。
(初演ものでモダンもの。数回の合わせで仕上げていくのでそれに応じられるメンバーを揃えなきゃね。)

セロはJullianが担当です。

後々、セロの楽譜見せてもらったけど、
いやあ、すごい楽譜だったわ。。。汗
スコア(指揮者用)は、さぞ、すごいことになってたでしょうね。
この公演はメディアでも紹介されてました。

こちらでは、公演ものはたいてい20:15から。
休憩を挟んで、終了は23時近くになることも。
この日も遅くなりましたが、
なかなかインパクトのある公演を楽しんできました。
(関係者チケットを頂き、タダで満喫!恐縮です。。。)



酷暑

この2ー3日、
急激に気温が上がって、とてつもない酷暑となっています。

一昨日は、31度。
昨日は33度。

2016-7-1

こんな感じ。。。。

ところにより、内陸地域では、
今日も35度近くになるらしい。。。

いやあ、日本の夏では、
さほどびっくりしないけれど、
今年は、今の時点でも、オランダにいる私には、
ちょっとびっくりです。。。

一般家庭ではまず、エアコンはありませんしね、
せいぜい扇風機。。。
それもないところが多い。
だって、せいぜい、1週間くらいしか使わないらしいから。。。

しかし、暑かったです。。。
先週まで、
一重のジャケットくらいは必要だったんです。
その前の週は雨がちだったし。。。

風と雨の中、スーパーへ行ったりしてたのに。

道行く人々は、もう、ほぼ裸状態。。。
誰も、紫外線対策なんて何?って感じ。
まあ、太陽が出れば外に出る人々ですからね。。。

こんな中、長袖で歩いている私は変に見えますね。
日本では普通な長い手袋もここでは変だからなし。
日傘もビーチ用以外ありえませんので、
しっかり塗装と、サングラス、長袖です。

2016-7-2

当然、こんなことになる。。。笑。。。

え?
冷蔵庫ちっちゃ。。。?

そうですね、、
ホテルの冷蔵庫ですからね。。。

2016-7-7

おつまみ。。。
2016-7-5

夏には、ワインよりやっぱりビールかな。。。
キリッと涼しく、冷めやすく。。。

2016-7-3

ホテルの部屋の壁紙。。。
牛さんが勢ぞろいで、、、
オランダっぽい〜!?
間接照明で夜中に浮かび上ってるのは、
結構ドッキリします。。。

2016-7-4

窓からは、カモさんたちも。。。
これは雨がすごかった頃の画像なんで、
水も濁ってていまいちですが、
何度か、こんな風景を見ました。。。

今日から、ちょっとは気温の上昇が穏やかになるようです。

Bioscoop

この国に来て〇〇年。。。

はじめてBioscoopに行きました。
(Bioscoop=映画館)

それはどうしても見たいのがあったため。。。

大きなスクリーンで見たりすると、
たいてい気分が悪くなったりするので、
ほとんど映画館にはいきません。
最後に行ったのは、ボンボンたちが小さい頃、ポケモンに。。。

今回、ひょんなことで、とある映画が上映されていることを知ったのです。

2016-6-13

ネットで調べたら、住んでいる地域ではPatheグループ。
いくつかあるんですが、見たいフィルムはここ。Pathe Buitenhof.

外見はとてもクラシックな建物。
中は、凄くモダン!
いくつかのzaal(ホール)に分かれていました。
なんとね、
チケットは自販機で買わねばならんかったです。
それも支払いは銀行やクレジットなどのカードオンリー。
シートも、画面で入力して指定するんですね。。。
頑張ってゲットしました。。。

2016-6-14

中は、6ホールくらいあって、
私のは、小さめのホールでした。
予約やソルドになっていないあたりを狙ってシートを入れたんですが、ちょっと早くついちゃったんで、上演時間には、隣に人がきちゃいました。。。いやあ、みなさん、特大のポップコーンを持って入るんで、その匂いが、、、耐えられなかったです。隣のおっさんも食ってるし、後ろのネーチャン軍団もパリパリ食ってるし。。。

原作がこことかここに書いた本。(ここ)っていうところをそれぞれクリックすると、それぞれ、当時の記事に飛びます。
そっか、、、もう2年くらい前になるんだ。。。
イギリスではもっと前にベストセラーになってたみたいだけど、オランダ語版が出たのがその頃。私は、当時、オランダ語のそのぶっとい本を読破した〜〜
感動したなあ。。。

でも、まさか映画化になるとは思わなかった。
フェアで仲良くしてもらっている古本屋のおばちゃんが、
先週、
「これ、あーたが、すごい感動したっていうのじゃない?今上映してるみたいよ!」
って、新聞の広告欄を見せてくれたの。
そう、わたし、彼女に,
その原作者JoJo Moyerの本があったらキープしといて!って頼んであったの。

原作と映画ではかなり作風が変わることが多いけれど、
どうかな。。。?
って、かなり、ドキドキでした。

2時間分に濃縮されてたので、
本の内容全てではなかったけれど、
イメージ的には近かったです。
車椅子状態のWillは、映画のより、本ではもっと大変な状況な感じだったなあ。
主人公のLouisa(Lou)ルイーザのイメージも良かった〜〜。
コミカルな部分も想像通り。

事故で脊椎損傷後、絶望感の中で2年が過ぎ、自分で自分の命を後6ヶ月と決めてしまったWillに生きる希望をと、いろんな策で考え直してもらおうと頑張るLouisaだけど、Willの意思は変わらない。

わたしが読むのを躊躇していたスイスでの安楽死の部分では、
プラタナスの葉が一枚舞い落ちることで表現されていました。。。
本で文字を読むこととは異なり、
文字も音声もなく映像だけでもぐっときますね。。。

140席のホール、30人くらいだけだったかな。。。
ポップコーンの匂いにはめげたけど、空いてて良かった。
他のホールではFinding Doryとかにキッズがいっぱいきてましたね。

映画もいいけど、
やっぱり、本で読んだほうが、いいかなあ、。。

見に行ってきた映画館のリンク貼ってみます。こちら
見れるかな?
プロフィール

トッカータ

Author:トッカータ
布小物、革小物、カルトナージュ、トールペイント、水彩、音楽などなど、あちこち手を出し、足を突っ込み、鼻を利かせ、脳みそに鞭打ち、ふらふらと。
Promenadeは散歩道。・・・でもどこへいくのか本人にもわかりませんが・・・どうぞ、ご一緒に~

趣味でいろいろ作っていますが、現在、オランダ国内にての販売になります。(不定期)

カレンダー&アーカイブ(Tree)
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

+ アーカイブ
 
最新記事
最新コメント お気軽にどうぞ~
カテゴリ
Free area
にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ
にほんブログ村 にほんブログ村 クラシックブログ オーケストラへ
にほんブログ村 にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村
ランキング一応参加しています
お帰り前にはポチっとしてね
アクセスカウンター
ブログLink
お便りはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

淡々と百人一首
    鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ

    クリックでエサをあげられます

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。